外貨建個人年金保険ってどうなの?

こんばんは。トグサです。

今回は外貨建個人年金保険についてです。僕は、マニュライフ生命のこだわり個人年金の豪ドル建に入っていますので、これを例に皆さんにどんなものか知っていただいて参考にしていただければと思います。

こだわり個人年金(豪ドル建)

僕がこれに加入した理由は、ドルコスト平均を効かせながら外貨の積立がしたいというニーズに合致したのと、他の外貨保険に比べて利回りが良いように思えたからです。もちろん為替変動のリスクがあります。

毎月日本円で一定額を払い込み、豪ドル建で積立て、満期を迎えた後で年金の形で受け取るか、満期を迎える前に解約返戻金として受け取ることができます。ただし、契約開始後10年間は解約のペナルティ(解約控除)があります。僕は、契約開始後10年程度積み立てたら払い済みにし、しばらく寝かせて運用させようかと考えています。

利回りは、積立利率で決まります。これは毎月1回更新され変動します。基準積立利率というのが毎月定められ、契約開始後の毎月の基準積立利率の平均値が最新月の積立利率となります。最低1.50%の保証があります。2017年5月の基準積立利率は2.80%です。積立利率や基準積立利率はマニュライフ生命のホームページで確認することができます。

費用が・・・

ただし、みなさんも良くご存じだと思いますが、払い込み額がすべて積立・運用に回されるわけではありません。払い込み額から諸費用が差し引かれた残りが積立利率で運用されます。

諸費用の1つは、保険関係費で、具体的な金額はパンフレットや契約時の書類に明記されていません。保険は特にこの手の費用が不透明だと思います。その他、入金した円を豪ドルに交換する際に為替レートと仲値(TTM)との差額50銭分を負担することになります。解約返戻金として受け取る場合は以上が主な費用のようです。

保険関係費がはっきり書かれていませんので、ファイナンシャル・プランナーさんからもらった積立金額のシミュレーション結果を使って推定してみることにしました。積立利率は3.1%、為替レートはTTMが80.55円とすると手数料も合わせて81.05円、積立金額は20,000円とします。下のグラフの青と赤のラインがそれぞれこの前提でシミュレートされた保険料払込額と積立金額です。はじめの10年で積立金額が保険料払込額を下回っているのは保険関係費の影響と考えられます。利率3.1%の複利計算を逆算してみると、どうやら最初の1年に年間の払い込み額の約50%が費用として差し引かれ、それ以降は約10%ずつ差し引かれているようです。(間違ってたらすみません。)このように、保険は投資信託や株やFXなどの他の金融商品に比べると費用がだいぶかかることがわかりました。そこで次の問題は、この費用の高さを利率の高さでカバーできるかどうかです。

ちなみに解約返戻金は、解約控除の影響で、初めの10年は積立金額よりもさらに少なくなります。

f:id:tortanj:20170406001314p:plain

SBI証券 積立FXと比べた場合

ところで外貨の積立は、SBI証券の積立FXでも可能です。(僕はこの保険に加入した後で知りました。)それと比較してみましょう。2017/4/5現在の買いスワップは1万豪ドルあたり33円で、TTM80.55円に対して年利にすると1.50%です。これの条件で積み立てたとすると、上のグラフの緑のラインのようになり、15年後までは積立FXが有利、それ以降でやっとこだわり個人年金が逆転となりました。また、後者では保険料控除が受けられるメリットはあります。

以上から、こだわり個人年金は長期的に見れば悪くない商品とみることができそうです。しかし保険は費用が不透明で利率を鵜呑みにできないことから、これだけで倦厭するに十分な理由になるように思うのは僕だけでしょうか。

利回りを求めるなら、外貨建MMF?外貨預金?それともFX?

こんばんは。トグサです。

外貨建MMFと外貨預金とFX(レバレッジ1倍)って似たような投資商品になると思うのですが、どれがお得なんですかね。気になったので調べてみました。3月28日のデータを使ってます。

金融機関は、外貨建MMFSBI証券、外貨預金(1年定期)は住信SBIネット銀行、FXはヒロセ通商としました。SBI証券ならびに住信SBIネット銀行は、為替手数料が比較的安く、ヒロセ通商もスプレッドが比較的低めです。

通貨は米ドル、豪ドル、そして愛するトルコリラとしました。ただし、トルコリラの外貨預金はSBIになかったので除外しました。

外貨建MMFの銘柄を、米ドルと豪ドルがニッコウ・マネー・マーケット・ファンドトルコリラをトルコ・リラ・マネー・マーケット・ファンドとしますと、それぞれの分配金の利回りは、0.693, 1.095, 9.022%でした。往復の為替手数料は、50銭、2円、5円で、各通貨のレート110.3, 84.1, 30.4円に対するパーセンテージは0.45, 2.38, 16.45%となりました。※外貨建MMF投資信託なので、ほとんどないとはいえ、外貨建の元本割れの可能性はあります。

外貨定期預金(1年)では、米ドル、豪ドルの利息がそれぞれ1.2および1.8%。往復の為替手数料は30銭および60銭で、パーセンテージでは0.27および0.71%でした。

FXについては、米ドル、豪ドル、トルコリラの買いスワップがそれぞれ1万通貨あたり1, 50, 84円で、利回り(年率)では0.03, 2.17, 10.09%となりました。スプレッドは、0.3, 0.7, 4.9銭で、パーセンテージでは0.003, 0.01, 0.16%となりました。

以上をまとめると、下表のようになりました。

f:id:tortanj:20170403224056p:plain

米ドルは、FXでは利回りがほとんどなく、コストパフォーマンスが高いのは外貨定期預金となりました。しかし定期なのでいつでも引き出せるわけではないことを考えると、外貨建MMFと比べたときに好みが分かれそうです。

豪ドルとトルコリラは、高い利回りと、圧倒的に安いコストで問答無用にFXが有利となりそうです。

僕なりには以上のような結果になりましたが、皆様のご意見はいかがでしょうか。

トルコリラのスワップ投資

保有バイアス、それは一度保有したものに過剰に高い価値を感じ、手放したくなくなる心理的傾向のことです。ポジションへの愛着は合理的な投資判断を邪魔しかねませんので、投資をする上では極力避けたいものですね。

こんばんは。トグサです。今日のテーマは僕のFXトルコリラ円のロングポジションについてです。

建て始めたのは昨年4月末ごろですので、保有期間はもうじき1年近くになります。これだけの間トルコちゃんと寝食を共にしますと、保有バイアスはダメだと頭では分かっているのですが、やっぱり愛着が湧いてきてしまうものですね。

トルコリラの魅力は、なんといっても高金利に裏打ちされたスワップですね。ヒロセ通商のトルコリラ円の買いスワップは2017年1月18日まで、115円固定(1万通貨あたり)でした。1万通貨の買いポジションを1年ホールドすれば、スワップ益が4.2万円貯まるということです。僕が買い始めた当初のレートは約38円ですので、1万通貨は38万円。10年ホールドすれば、スワップ益が100パーセント越えますので、リラが紙屑並みになっても元本割れはなくなるという計算になります。僕がトルコリラ円を買い始めたのは、このスワップが狙いです。ただし、現在は変動に見直され、2017年3月24実績では87円です。一応業界最高水準は保っているようです。

そんなトルコリラ円ですが、問題は為替変動です。週足チャート見てください。せーの、ドーン!!

f:id:tortanj:20170326224517j:plain

気持ちがいいぐらいに下がり続けておりますつらい。最近の30円割れの下げがきつかったこともあって、ここんとこは下げ止まって落ち着いたかな?という印象を抱いていましたが、改めて週足で見るとダウントレンドチャネル内からまったく抜け出せていない状況ですつらい。経済的には高い潜在成長力が期待されているわけですが、政治面の不透明性がトルコリラの上値を抑えているようです。昨年はテロやクーデターなどの事件が次から次に絶妙なタイミングで起きてた印象です。これぞ高金利通貨国の真骨頂、というものを見せつけられた一年でした。

僕の現在のポジションですが、平均建値が37.7円、現在のレートが30.6円。買いスワップ狙いの投資において、レートが下がってしまうことは避けたい事態です。下のグラフの通り、スワップ益が為替差損を埋めきれておらず、含み損状態となっております。せめてエントリーを分散させておいたらもう少しましにはなっていたと思うのですが・・・。SBIさんあたりでトルコリラの積立FXやってくれるとありがたいです。

f:id:tortanj:20170327003227j:plain

そんなトルコちゃんの、僕をやきもきさせてくれるところも、とっても可愛いです。このドキドキ、恋なの?(いいえ、損失の不安に対する生理的ストレス反応です。)

トルコちゃんに首ったけの僕は当然、トルコ関連ニュースが気になりますので、RSSフィードで常にチェックです。特に大王様のトルコリラと地獄の日々には、いつも大変お世話になっております。直近のトルコイベントとしては、憲法改正国民投票が4/16ですか。今以上のトルコリラの下落は避けたい身としては絶対に眼が離せませんね!!

トグサくんが気になる投資信託・ETFはこれだ!

こんばんは。トグサです。

今日は僕が気になっている投資信託ETFを紹介します。下の表の6つです。証券会社はSBI証券です。

f:id:tortanj:20170315002852p:plain

いずれもインデックスファンド。アメリカ、ブラジル、ベトナム、ロシアの指標に連動したものです。これらを選んだ理由は下記3点。

 以下順番に説明します。

インデックスファンドだから

どこにでも書いてあることだけど。コストパフォーマンスは、アクティブファンドよりインデックスファンドが高いと言われてますね。特に日本のアクティブ投信はあかんらしいです。あ、でもひふみ投信は別格ということでいいんじゃないかと思います。

というわけで、コストの観点から見てみると、ピクテ ブラジル株は言うほど安くないですね。同じブラジルならETFの方がトータルましですが、海外ETFは一般にそうであるように、国内のものに比べると高めです。ベトナムもロシアも同様です。

 

米国株はなんだかんだで最強

下の図を見てもらえると分かるとおり、アメリカ株式指標は長期的に右肩上がり。次の暴落で大人買いしたり、なんも考えずドルコスト平均で行ってみたりしたいです。そしてリストアップしたNYダウの投信と、S&P500の国内ETFは、コストだいぶ安いです。

f:id:tortanj:20170315004125p:plain

 

ブラジル、ベトナム、ロシア:そろそろ来る、いやもう来てるんじゃないか。

ひとまずチャート探して見てみてください。底入れしてんじゃないのと思います?

下の図はロシアです。次の底を丁寧に拾いたいですね。

原油価格とルーブルが落ち着いて、今後はトランプ政権下での米露関係改善で、ウクライナ問題をめぐる対露制裁解除も期待されているそうです。2017はロシア経済プラ転の見通し強いとのこと。

f:id:tortanj:20170315004537p:plain

テーマとは外れるけど、ブラジルについてはスワップ目的でレアルも買ってみたいです。けど国内で取引できるのはIG証券だけみたい。SBI証券あたりで積立FXしてくれればいいのに。

 

そんなわけで、色々めぼしいのはあるのですが、既に資金のかなりの割合をクソポジにあてがってしまっているので、今はウィンドウショッピングで指くわえてる感じです。

 

今日は以上です。ではでは。

はじめまして、トグサです。

ブログ始めました。

実は、過去に何回かブログを開設したのですが、長続きせず空き家にしてしまったのです。今回は頑張りたいです。

主に投資関係の記事を書いていく予定です。とはいえ、発展途上の身なので、偉そうなことは書けないです。どちらかというと、僕の悩みを皆さんに打ち明けるような内容になってしまうかもです。

ところでにHNは、僕の好きなアニメの登場人物に因んでます。ブログの内容とは無関係です。

そんなこんなですが、よろしくお願いします!